ワキ製薬について
研究開発
医薬品
健康食品
講座・研修のご案内
HOME > 講座・研修のご案内 > 医薬品登録販売者の資格取得
 

講座の紹介

一般用医薬品(薬局などに陳列している医薬品:OTC医薬品と呼びます)の販売は、薬事法という法律によって規制されております。2009年4月、改正薬事法が施行され、これまで薬剤師・家庭配置薬業者などの認められた者のみが行っていた医薬品販売が、『登録販売者』の有資格者も、限られた範囲でその役割を担うことができるようになりました。

pic_sec01_01

※写真はイメージです。

200円でトップレベルの合格率を誇る研修が受けられます!!

登録販売者の資格試験合格率は全国で40%というなかなか厳しい試験でありますが、弊社の研修を受けられた人の90%が見事合格を成し遂げています。
その実績の強さは数字を比べれば明らか。
その上たったの200円で研修に参加できます。

pic_sec01_02

講義時間は夜なので、お仕事をされている方でも参加できます!!

弊社の研修は、夜に行います。ですので、仕事があるから日中で講義の研修は受けられない。かといって独学で始めるには自信が無い…といった方でも受講していただけます。

pic_sec01_03

受講のお申込みはこちらから
ページ先頭へ戻る
 

登録販売者とは

登録販売者への道のり
pic_sec02_01
 
薬剤師との違い

薬剤師との大きな違いは、
処方箋に基づく薬の調剤はできない
②副作用リスクが大きいとされる第1類医薬品の販売はできない
この2点のみです。現在、一般用医薬品のみを取り扱うチェーンドラッグストアや薬店等では、薬剤師不足による消費者への十分な情報提供などが成されていないことが問題になっています。新たな一般用医薬品販売の専門職として注目されている「登録販売者」は、国民の大きな期待が寄せられている有資格者なのです。

pic_sec02_02
登録販売者資格の魅力とは?

これまで、ドラッグストア・薬店では薬剤師不在の場合、一般用医薬品の販売は禁止されていましたが、もう一つの医薬品販売資格者である「登録販売者」が在中することで、一般用医薬品の販売が可能になりました。
それによりドラッグストアだけでなく、スーパーやコンビニなどでも一般用医薬品を販売が可能となり、これからは医薬品を取扱い、販売する店舗が拡大し、登録販売者の有資格者はますます必要とされる時代になるでしょう。

pic_sec02_03
登録販売者資格のメリットは?

■薬剤師不在時にも医薬品販売が可能(ただし第一類医薬品は除く)
■ドラッグストアや薬店、コンビニエンスストアなど様々な小売流通業への就職が有利
■国が発行する個人への資格なので、意欲のある方は独立開業も可能
■小売流通業において、責任者やマネージャー等の責任ある立場で仕事ができる可能性がある
■企業によっては資格手当がプラスされる場合もある
■専門家ということで消費者から信頼されるようになる

 
tit_sec02_01
第一類医薬品 第二類医薬品 第三類医薬品
薬剤師
登録販売者 ×
 
副作用・リスク まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含む医薬品 一般医薬品としての使用経験が少ないなど、安全性上、特に注意を要する成分を含むもの 日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調を生じる恐れのある成分を含むもの
情報提供 書面を用いた説明義務 努力義務 不要(説明努力は行う)
当てはまる製品例 H2ブロッカー、毛髪用薬、鎮痛剤の一部など 主な風邪薬、解熱鎮痛剤、胃腸薬、鎮咳剤など ビタミン剤、主な整調薬、消化剤、生薬など
消費者から説明を求められた場合は説明義務となる
 
受講のお申込みはこちらから
 

本年度のスケジュール

開催日開催時間研修内容
1 6月23日(金)18:00~19:00 医薬品に共通する特性と基本的な知識
19:00~21:00医薬品に共通すると特性と基本的な知識、医薬品に共通すると特性と基本的な知識に関する確認試験
27月21日(金)18:00~19:00人体の動きと医薬品と主な一般用医薬品とその作用
19:00~21:00人体の動きと医薬品と主な一般用医薬品とその作用、人体の動きと医薬品と主な一般用医薬品とその作用に関する確認試験
3 8月25日(金)18:00~19:00人体の動きと医薬品と主な一般用医薬品とその作用
19:00~21:00人体の動きと医薬品と主な一般用医薬品とその作用、人体の動きと医薬品と主な一般用医薬品とその作用に関する確認試験
4 9月22日(金)18:00~19:00薬事に関する法規と制度
19:00~21:00薬事に関する法規と制度、薬事に関する法規と制度に関する確認試験
5 10月20日(金)18:00~19:00一般用医薬品の適正使用と安全対策
19:00~21:00一般用医薬品の適正使用と安全対策、一般用医薬品の適正使用と安全対策に関する確認試験
6 11月17日(金)18:00~19:00リスク区分等の変更があった医薬品
19:00~21:00 その他登録販売者として求められる理念、倫理、関連法規等、リスク区分等の変更があった医薬品ならびに理念・法規に関する確認試験
※予備日:12月8日(金)
※会場の都合や主催者の都合により日時が変更となる場合がありますのでご了承下さい。

【開催場所】エルトピア中和(中和労働会館)
所在地:〒635-0096 奈良県大和高田市西町1-60 TEL:0745-22-6631

※主催者の都合により日時が変更となる場合があります。その際は、速やかに通知いたします。開催場所は、会場の都合や参加人数により変更となる可能性がございますので、その都度速やかに通知いたします。
※確認試験は講義中15分を予定しております。

ページ先頭へ戻る
 

本年度の実施実績

ワキ製薬株式会社では、これまでにも薬剤師様向け研修会、登録販売者様向け研修会、医薬品販売業社様のスキルアップ講座の開講などを手掛け、医薬品業界に従事する方々の資質向上に長年努めてきた実績を持ちます。これまでに実施してきた、主な研修会・セミナーなどをご紹介します。

pic_sec04_01

※写真はイメージです。

集合研修の実績

・薬局・薬店の従事者に対する集合研修
【使用教材】独自教材(小冊子・プリント)
【講  師】脇本 真之介・疋田 彰
【開催実績】年間5~10回程度開催(6~78名)

・配置薬業者の従事者に対する集合研修
【使用教材】独自教材(小冊子・プリント)
【講  師】脇本 真之介・疋田 彰
【開催実績】年間15~30回程度開催(~250名)

ページ先頭へ戻る
 

受講者の声

 

pic_sec05_01

受講のお申込みはこちらから
ページ先頭へ戻る